夏至祭、ミッドサマー

 

 

皆さんこんにちは!!

もう早くも5月が終わろうとしていますね

 

 

気温が30℃近いこともあり夏までもうすぐですね

スウェーデンでは冬の時期が長く、夏の太陽を沢山浴びられる

時間がとっても貴重なんです!!

 

 

 

夏至祭(ミッドサマー)といって、

夏の到来を祝うお祭りです

大体、6/19 ~ 6/26 くらいの

金曜日にお祝いします

 

 

 

一年で一番日が長い夏至なので、スウェーデンでは

クリスマスと並んで大切な祝日となっています!

日照時間が短いスウェーデンではこの日を盛大に祝うのです

子供たちは6月から夏休みに入ります

 

 

広場にはミッドサマーポールと呼ばれる

ポールが立てられます

ポールには、白樺の葉、マーガレットやレンゲなどの

夏の野の花々で飾り付けます

 

 

 

女の子たちは自分のお家で育ったお花で冠を作り、

それをつけてお祝いします

準備が出来たらポールをみんなで囲み、

フォークダンスを踊ります^^

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は、昼食が一番重要です

ニシンのピクルス、茹でた掘りたてのじゃがいもと

フレッシュなハーブにサワークリーム

シュナップス(強い蒸留酒)も欠かせません

 

 

デザートには採れたてのイチゴをアイスクリームや

ホイップクリームなどと一緒に食べます

 

 

 

コーヒータイム、FIKAの後には、子供たちが

ゲームをして遊びます!!

 

 

大きな麻袋の中に入って、ジャンプでどれだけ早く

ゴールに辿り着けるか競います!

最後にはみんながお菓子をもらえるので

勝ち負け関係なく楽しみます^^

 

 

 

この日には古くからの言い伝えがあります

未婚の女性が夏至の夜、デイジーやレンゲソウなど種類の違う

野で摘んだ7種の花束を枕に敷いて寝ると

夢の中で未来の花婿に会えるといわれています

 

 

 

7種の花束は決まった花ではなく、異なる種類で

あれば何でもいいそうです

 

 

守らなければいけないのは、花を摘んでいる間

一言も口を聞かないこと

 

 

 

これを守れば未来の花婿に会える

とてもロマンチックですよね ^^

 

 

どこの国でも女の子はおまじないや占いなど

好きなものは同じみたいですね!!


 

 

信じていれば、日本でも効果があるかもしれません!

お庭にお花がある方は

是非やってみてはいかがでしょうか・・・

 

 

 

今までのお祭りを振り返ってみると

ミッドサマー以外のどんな祝日でもスウェーデンの人たちは

【みんなで】 【旬の採れたての食材を使い】

など、暑くても寒くても関係なく季節を大事にし、

必ず全員で行うのが分かりますね

 

 

 

こういうスウェーデンの人たちの考え、素敵ですよね^^

私も見習って、いつも周りのみんなが笑顔で

過ごせる環境づくりをしていきたいと思いました!

 

 

スウェーデンのこと、ボルボのこと、

いいところが沢山見つかると思うので

是非調べてみてください^^


 


<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> 109ページ中7ページ目